タコの卵

どこまで我慢するのが身近な恐怖なのか

なかよしパンわんぱく”キッズ”は「3つの無縁」「3つの障害」映画「コラテラル」味だよ!

なかよしパンは泣く子も黙る沖縄屈指の菓子パン。

株式会社ぐしけんの看板商品だ。

株式会社 ぐしけん 商品紹介 (菓子パン)

タコの卵ではなかよしパンについて何回か紹介してきたので公式パンと認定している。

 

tettyagi.hatenablog.com

なかよしパンは長い間種類が少なかったが一気になかよし”仲間”を増やしてきてパン業界を終わらせようとしている。

 

tettyagi.hatenablog.com

沖縄菓子パン業界のリッチ層狙いに気を良くしたカエル達は新たなターゲットに目をつける。

そう

 

”キッズ”

 

 

f:id:tettyagi:20180207133559j:plain

なかよしパンわんぱくキッズ

 

キッズに狙いをつけてきたかぁ!!と感心して早速ブログを書きたいだけの14歳の僕はなかよしパンわんぱくキッズを買ってみた。

 

今回のウリはハーフのクリームでチョコとミルクだ。キッズにウケるのはチョコとミルクしかない。それ以外は”ない”。

 

f:id:tettyagi:20180207133603j:plain

ハーフでこのカロリー。通常商品だと2倍だと思って欲しい。

無人島でなかよしパンわんぱくキッズの丸焼きとかしたら一生生きられるしすくすく成長するであろう。

f:id:tettyagi:20180207133606j:plain

綺麗に2つにクリームが別れている。これにはキッズも胸の高鳴りを抑えきれない。

しかしキッズって言ってもカエルの子供はオタマジャクシのはず。

しかし

f:id:tettyagi:20180207133559j:plain

わんぱくキッズ達は小さいカエルだ。

もしかすると大人になれない”アダルトチルドレン”をキッズにたとえてこの商品を出しているとしたらどうだろうか??

 

”キッズ化”する大人たち。

はっきり言ってわんぱくキッズ大人は存在する。むしろSNSでよく見る。

そんなわんぱくキッズ大人に向けての商品だと言い切るのは考えすぎだろうか??

 

沖縄は長らく貧困に喘いでいる。原因は様々な要素が複雑に絡まり合っているので長くは話さない。それでも沖縄県民がお金がなくても何とか生きられる要因の一つに「家族の縁」と「地元の縁」がある。

 

tettyagi.hatenablog.com

 

「3つの無縁」
・「家族の縁」
・「地元の縁」
・「制度の無縁」

 

最貧困女子 (幻冬舎新書)

最貧困女子 (幻冬舎新書)

 

 再貧困女子で説明される「3つの無縁」がキーワードだ。

縁が一つでも繋がっている状態はギリギリだが何とか社会的に生きていられる。その縁が3つとも切れると非常に”ヤバイ”。

「家族の無縁」と「地域の無縁」。

沖縄は家族の絆が凄く親戚づきあいも幅広い。友人づきあいも狭い島国だからか”濃ゆい”関係が生まれる。モアイと呼ばれる会合まである。

なので孤独になりにくい。もちろん孤独な状況下に置かれる事も少なくないが、家族、地域の縁は強い。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

さらに「3つの無縁」と関連性がある大事な「3つの障害」も忘れてはならない。

「3つの障害」
・「知的障害
・「精神障害」
・「発達障害」

上記3つの障害は県は関係なく日本中にある。

3つの無縁と3つの障害が絡まると生きづらい環境になってくるのが現代社会だ。

キッズはいわば「発達障害」に含まれる可能性があるかもしれない。

しつこいようだがもう一度パッケージを見て欲しい。

 

f:id:tettyagi:20180207133559j:plain

”オタマジャクシ”から大人の”カエル”になったのに”キッズ”のまま遊び呆けているパッケージ。これは株式会社ぐしけんからの警告と捉えるのは考えすぎだろうか?考え過ぎだろう。

 

f:id:tettyagi:20180207133613j:plain

甘さひかえめのクリーム部分。

甘い。全然控えられてないのが嬉しい。いつも通りのなかよしパン味で安心する。ある意味沖縄の家庭の味だ。いうなれば優しい味。

優柔不断だが良い奴のイメージを食べながら感じた。

映画「コラテラル」の主人公タクシードライバーのマックスだ。

優秀でコミュニケーション能力も高いマックスだが、失敗するのが怖いのか”チャレンジ”だけは避け続ける人生を送っている。夢をタクシーの客に語るし具体的な計画まで練っているがそれだけだ。実行に移さない。失敗するのが怖いのか勇気がないのか。人間的には良いやつなんだろうけど。

よく女子に言われる「優しい人」枠だ。好きな女の子に優しくするけど勇気がでなくて告白できない。そしてガンガンオラオラタイプの人間に女の子が告白されて付き合う。

そしてなんであんなオラついた奴と付き合って……。やっぱり女は駄目だな!

と歪んだ嫉妬までがストーリーになりそうなキャラ。

優秀で人間性も良い奴だが、本当にやりたい事をやらずに自分をふさぎ込んで「納得させる人生」を送っているマックスに近い味わいを感じた。

コラテラル(吹替版)

コラテラル(吹替版)

 

 

 

f:id:tettyagi:20180207133615j:plain

キッズ大喜びのチョコレート。

普通にチョコレート味で嬉しい。パンの間にチョコレートが挟まった味で説明不要の魅力がある。シンプルでいい。目標はまっすぐで言い訳せずに向かっていく。

 

コラテラル スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]

コラテラル スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]

 

 映画「コラテラル」の殺し屋ヴィンセントがチョコレート味だ。

何も余計な事は考えない。優先すべきことに向かって最短距離で一直線に進んでいく。これが男だ!と語りかけるシーンは夢ばかり見ていて結局何も行動に移さず何も出来ないマックス(とタコの卵の僕)には震えるぐらい正論に聞こえたであろう。

 

殺し屋のヴィンセントはサイコパス的な男で

「地球上から人間が1人や2人消えたところで何の変化も無い」

と常に言う。なので殺しも全然感情を持たない。仕事だからとガンガン殺していく。人間性や性格は最悪だが、行動力だけはURクラスのヴィンセント。絶対に関わりたくないが社会的に成功しそうなのはヴィンセントの方だろう。

金持ちになる!と決めたらどんな手段(それこそ殺し)も躊躇なく行い、絶対に金持ちになりそうなパワーがある。そこに尊敬や憧れもないが間違いなく成功者だ。

現実の世界でもヴィンセントみたいな人が社会の成功者とされる。

両者が出会うことで起こるケミストリーが気になる人は是非とも映画を見て欲しい。トム・クルーズが超カッコイイからオススメだ。

 

f:id:tettyagi:20180207133559j:plain

165+税-20円

 

賞味期限が近いせいで20円引きされているパンを選んだ。

すぐ食べるので期限の方は問題ないが、値引きを気にするぐらいの生活をしていると思ってもらいたい。

映画「コラテラル」のマックス側の僕にとって3つの無縁も3つの障害も関係ない話ではない。

人は何が起こるかわからない。良いこともあれば目も塞ぎたくなるような地獄も待っている。

何が起こるかわからないから殺し屋ヴィンセントのように優先すべきことに迷いもなく最優先で突き進む!方が良い人生を送れるのかもしれない。しかし”キッズ”の僕はまだ遊んでいたいし子供でいたい。

 

「子供でいたい ずっとトイザらスキッズ 大好きなおもちゃに囲まれて~大人になんてなりたくな~い ぼくらはトイザらスキッズ♪」

 

こんな歌が脳内で駆け巡りながら複雑な想い出食べる。

なかよしパンわんぱくキッズはとっても美味しかった。みんなも買ってね。

 

 

 

コラテラル スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

コラテラル スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...