タコの卵

どこまで我慢するのが身近な恐怖なのか

【高江】やんばるの森は世界唯一の亜熱帯降雨林!固有種がいる森を破壊するのは悪の組織じゃない?

沖縄県の伊江島、東村高江、名護市辺野古の3地域で基地の建設や機能強化が進む現状を考える緊急シンポジウムに参加してきた。

登壇者が各専門分野の話をして勉強になったと同時に初めて知ることも多かった。

会場はすごい人で木曜日の告知で土曜開催にも関わらず、超満員の210人以上の参加。

www.okinawatimes.co.jp

映像が残っていて興味がある方は是非とも見て欲しい。

 

今回特に衝撃を受けたのはやんばるの森の話だ。

f:id:tettyagi:20161128110112j:plain

現在ヘリパッド建設がすすむ東村高江。高江はやんばるの森に囲まれた自然豊かな森。

そのやんばるの森は「世界唯一の亜熱帯降雨林」なのだ。

生物学者の屋冨祖昌子さんは、やんばるの森の貴重さについて「いま壊されているのは生物多様性に富んだ世界唯一の亜熱帯降雨林」と強調

 自分が住んでいる沖縄にこんな貴重な森が!

やんばるの森は昔から知っていたが、学者視点からみるともの凄い多様性に満ち溢れた森だったのだ。これには目から鱗だった。こんなに素晴らしい森だったとは!!

 

 

スポンサーリンク

 

 

 現在わかっている調査でも、やんばるの森にしか住んでいない固有種が存在することがわかっている。

f:id:tettyagi:20161128110121j:plain

今回のヘリパッド予定地には22種の固有種が確認された

 

ヘリパッドを建設する場所に22種類も固有の生物が生きているのだ!

はっきり言うとやんばるの森にしかいない生き物がいる。

その森を破壊すると固有の生物はいなくなる。この地球上から消滅してしまう。

これは非常に不味いことなんじゃないの??

命の森やんばる訴訟 | 沖縄合同法律事務所 から引用すると

やんばるは沖縄県北部,国頭村,大宜味村,東村の三村にまたがって広がる地域で,イタジイを中心とした亜熱帯の照葉樹林帯が広がる森林地帯である。ここにはノグチゲラ,ヤンバルクイナ,ヤンバルテナガコガネなどの固有種・希少種が多数生息している。これだけの固有種が30平方キロメートルほどの地域に生息する状況は日本のみならず世界的にも稀で,世界的にも生物多様性に富んだ,特に保護すべき地域である。

と書かれている。 

世界的に見ても貴重な森なのだ。

www.ufugi-yambaru.com

上記のサイトにやんばるの森の成り立ちから書かれているので目を通して欲しい。

 

そんな固有種がたくさんいる豊かな森を破壊しまくっている人達がいる。

みんながやめて!森を破壊しないで!と訴えてるのに無視して強行工事を勧めている。

 

これって物語の世界だと悪の組織がやることじゃない?

 

漫画や映画、小説でも見たことあるよね?

貴重な生物が住んでいる場所を破壊する組織。

良い奴らだったか?

たいてい利益のためにうごいで森なんかかんけーねー!生物なんかしるか!!

みたいな勢いでガンガン破壊しまくっている展開が多い。

 

子供でもわかるよね??貴重な自然を破壊するのはよくないって。

生物学者の屋冨祖昌子さんは「自然は一度壊せば元に戻らない」と訴えてる。

自然は作れない。しかも世界的に見ても非常に貴重な生態系を育んでいる命の森やんばるは二度と作れない。そんな森を破壊するなんて酷すぎるでしょ。完全に悪の組織じゃん。自分達の利益にために無関係な人達を利用し自然を破壊するなんて邪悪でしょ。

 

みんなも考えて欲しい。なんのために豊かな自然の森を破壊してまでヘリパッドを強行建設するのか。なぜ高江の森じゃないとだめなのか。なぜ年内完成にこだわるのか。

 

世界中にここだけにしかいない生き物を殺してまでオスプレイを飛ばす意味とは?

 

るるぶやんばる 沖縄北部 (国内シリーズ)

るるぶやんばる 沖縄北部 (国内シリーズ)

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...