読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タコの卵

どこまで我慢するのが身近な恐怖なのか

やせ我慢しないでクリアアサヒを飲んだらいいじゃない

お題「好きなビール」

 

いつもクリアアサヒを飲んでいる。

 

アサヒ クリアアサヒ 350ml缶×24本

アサヒ クリアアサヒ 350ml缶×24本

 

 

クリアアサヒ誕生前に何を好んで飲んでいたか?と聞かれると思い出せない。金麦?麒麟淡麗??よくわからない。けど、コンビニでビールでも入れとくか……って手に取るのはクリアアサヒだったりする。

もちろんお金の関係もある。クリアアサヒは厳密にはビールではなく発泡酒だ。

だからビールより安い。100円ぐらい安い。120円ぐらいで購入できる。スーパーで安く売っていれば100円になってたり。

だから手に取りやすい。120円ぐらいで冷えたビールが飲めるのなら安いじゃあないか。もちろんラインナップは他にもあって金麦やオリオン発泡酒シリーズ、のどごし生とか色々。

でも黄色のボディが僕を誘う。クリアアサヒは裏切らない。

 

 

アサヒ クリアアサヒ 500ml缶×24本

アサヒ クリアアサヒ 500ml缶×24本

 

 

味に関してはハッキリいって薄い。薄さこそがクリアアサヒを決定づける要因といえると思う。薄いビールは文字にすると魅力的に感じないが、いざ飲んでみると結構悪くない。

この、「悪くない」感覚がクリアアサヒを選ぶ理由の一つだ。

つまり僕の中でビールっぽいシュワシュワしたアルコールを感じられる飲み物を気軽に飲むならクリアアサヒになる。

あと100円合成すると上位互換SSRの「アサヒスパードライ」に変身できることをみんなご存知だろうか?アサヒからのアップデートにより可能になった技だ。

 

 

アサヒ スーパードライ 350ml缶×24本

アサヒ スーパードライ 350ml缶×24本

 

 

アサヒスパードライとクリアアサヒの違いはなんだろうか?と考えると

攻撃力

にあると思う。例えばコンビニでスーパードライを手に取りコンビニを出てスーパードライをゴクゴクと飲むと強烈な攻撃力を味わえると思う。

なんのこっちゃ?と思う人もいるだろう。しかし、僕にはスーパードライの攻撃力を感じる。

刺激!のどごし!キレ味!

甘味でもなく苦味でもなく辛味でもなく

キレ味

これがアサヒスパードライだけに存在する味の一つ。キレ味!!!!

このキレ味がめちゃくちゃ強い時ってのがあって、その時ばかりは課金してスーパードライを買う。キンキンに冷えたスーパードライは火照った体に対して半端ない攻撃力を見せる。これでもか!とキレ味が体中を襲う。

 

 

 

しかし、僕にとってキレ味が欲しい状況は特殊だ。ヘトヘトにつかれた時や海で水分がほしい時。灼熱の中歩きまわってる時などがその状況になる。

 

普段はキレ味はそこまで必要としない。いや、キレ味全然美味しいけどそこまでって感じ。普段はね。

 

だからスーパードライからキレ味を抜いたクリアアサヒを選択するのだろう。

 

クリアアサヒはスーパードライからキレ味を抜いてさらに薄めた合成になっている。

ノーマルビールに相応しいパラメーターだ。

 

クリアアサヒのいい所はもう一つある。

マクドナルドのチーズバーガーとめちゃくちゃ合う。

実際にマクドナルドの商品はビールのつまみとして全部立ち上がる教の信者だ。

その中でもチーズバーガーは群を抜いてビールと合う。合うのだ。じゃあチーズバーガーに合うビールは?と聞かれたら自信を持って

 

 

アサヒ クリアアサヒ 缶 250ml×24本

アサヒ クリアアサヒ 缶 250ml×24本

 

 

 

クリアアサヒ

を進めたい。なぜなら

 

1.どこでも売ってる

2.チーズバーガーぐらい安い

3.黄色い

 

スポンサーリンク

 

 

こんなにもクリアアサヒとチーズバーガーの相性を語ることもできる。

チーズバーガーの包み紙は黄色い。チーズの味色だ。

クリアアサヒも黄色い。

つまり、ダブルイエローなのだ。この組み合わせをダブルイエローとカッコよく発言してる業界がある。

 

騙されたと思ってやってみほしい。悪く無いから。飛び抜けて

んっっ!!!!革命や!

とはならんけどさ。まぁまぁ…いいよね。ってなるから。頼む。

 

そしてクリアアサヒはそんなに冷えてなくても美味しいのが罪深い。

基本的にビールはキンキンが正常位だ。それ以外は邪道とも言える。日本のビールは冷えてないと駄目なのだ。最近のお店ではマイナス何度ビールとかも売りだされている。

それぐらいビールに対しては冷えの信仰が根強い。

ビールを買って家に帰ったらまず冷蔵庫に入れるのは常識というか当たり前だと思う。

 

 

[2CS] アサヒ クリアアサヒ (500ml×24本)×2箱
 

 

しかしクリアアサヒはキンキンキンにしても美味さが格別あがるわけじゃない。

裏を返せばそんなに冷えてなくてもまぁまぁ美味しい。

このまぁまぁを感じ取ってくれればもう無敵。

常温のクリアアサヒさえ「冷えたらもっと美味しいけどこれはこれで」感を習得できるようになる。

常温のクリアアサヒを我慢から普通に飲めるようになったらクリアアサヒライフハッカーとしてアサヒからクリアアサヒがもらえるかも知れない。

励みになる。

 

 

 

ハゲミクリアアサヒだ。

N+ぐらいあるだろう。もちろんSSRのスーパードライやプレミアム系のURには勝てない。

勝てないが、何処でも戦える点ではハゲミクリアアサヒが平均点を出してくれる。

 

じゃあ晩ごはんのお供にクリアアサヒだと味が薄すぎて戦えない可能性が……。

その可能性にもクリアアサヒが強い。

なぜなら晩ごはんを薄く味付けしたらクリアアサヒと互角に戦えるからだ。濃い味付けは美味いに決まってるが基本的には体に悪いとされている。

つまり、

クリアアサヒを体が求めてる状態にする=健康

おわかりいただけただろうか?

 

アサヒ クリアアサヒ 500ml×24本

アサヒ クリアアサヒ 500ml×24本

 

 

クリアアサヒを晩酌の友にするなら必然的につまみは薄味なのだ。もちろん濃厚な味付けでクリアアサヒをやったっていい。僕は使い分けている。ハゲミクリアアサヒと濃厚な肉なんか最高だ。

勘違いしちゃいけないんだけど、アメリカ産のビールは基本的に薄味だと思う。メジャー所で何時でも買えるビールはバドワイザーだろう。

バドワイザーは薄い。だからゴクゴク飲める。

 

あれ?クリアアサヒは??

 

薄い。

 

ゴクゴク飲める。

 

ああああ!!!

 

バドアサヒ。クリアアサヒとバドワイザーは目隠しされたら流石に分かるかもしれないけど方向性は一緒だ。目的地が一緒ならたどり着くだろう。だって向かっているのだから。そうだろ?アバッキオ?

 

だからクリアアサヒを飲むんだ。さあこれを読んだ日は帰りに一本クリアアサヒを買ってみよう。悪く無いからさ。特別な日ならしょうがないけど、普段ならクリアアサヒがいいってもんよ。これぐらいでいいんだよ。クリアアサヒ飲みたいよ。

クリアアサヒ飲みたいね。

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...