タコの卵

どこまで我慢するのが身近な恐怖なのか

映画『白鯨との闘い』日本版のポスターダサイって言ってた人たちは映画見た?

映画「白鯨との戦い」の日本版ポスターがダサイ!

って問題があった事を覚えてる人はいるだろうか?

 

曰く、

ハリウッドの超大作も日本人にかかれば超絶ダサくなる!

やっぱりあっちのセンスいいわ……それに比べて日本は……。

 

みたいな感想が死ぬほど多かったと思う。

実際にどれぐらい違うのか見比べて見て欲しい。

 

目次

 

 

 

外国版ポスター

f:id:tettyagi:20160120112844j:plain

もの凄い迫力の絵面。

超でかい生物に小さい人間が挑むかのような。

あまりにも迫力がありすぎて見る人の度肝を抜く。これは凄いポスターだ。こんなポスター素晴らしすぎる。あきらかにカッコイイ!センスが良いと言われてもおかしくない。

 

日本版ポスター

f:id:tettyagi:20160120114322j:plain

名著『白鯨』の、

隠され続けてきた衝撃の実話。

 

登場人物達のアップに加え解説の文字。

そしてクジラの尾びれ。

 

悪くないよね??

 

言うほど悪く無い。たしかに外国版ポスターはうおおおぉぉ!なんか凄い映画だ!ってのは伝わる。迫力がもの凄い伝わる。

対する日本版ポスターは往年の映画ポスターって感じ。

特にセンス無い!!って言うほどじゃないような気がする。

 

実際に↑の日本版ポスターは文字だけ日本語で、他の海外でも使われたポスターらしい。そりゃそうだろう。

 

だって日本版のポスターの方が正しいんだから

 

 

 

 

 

以下、ネタバレ含みますので注意。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

『白鯨との闘い』は白鯨と闘わない

 予告やポスターを見て

 

超でかい鯨と人間の壮絶なバトル映画だと思った人?

 

 

 

はーい!!

 

 

思うよね!!!

f:id:tettyagi:20160120112844j:plain

 

このポスターみてよ!!!!

 

今から目に銛を突き刺す感じじゃん!!でっかい鯨が人間とバトル。

映画の予告もそんな感じなのよ。

船に体当たりする鯨。それに立ち向かう人間達。

 

だいたい映画の予告はあってるよ。でっかい鯨が出てくるのもあってるけど。

 

海外版のポスターの鯨でかすぎ。

 

これ盛ってるわ。

 

そして問題カッコイイセンス溢れるポスター。

 

そんな場面1回もない!!!

 

大きい鯨が映るシーンほ少ない。闘うっていうか一方的にやられる。人間超弱い。

闘いになってないよ!!!マジで圧倒されるだけ。鯨無敵。白鯨最強。

 

 

まとめ

当時、Twitter等で日本のポスターださい!

って言ってた人たち。

「白鯨との闘い」見に行きました?

僕以外にまったく声を聞かないんだけど!

 

海外版のセンス溢れる超でかい鯨のポスターの場面なかったよな……あれ盛りすぎじゃない?

 

そんな感想がない!!

ってか「白鯨との闘い」はもっと壮絶な話。日本版に書かれている

f:id:tettyagi:20160120114322j:plain

名著『白鯨』の、

隠され続けてきた衝撃の実話。

生き延びるために、男たちが下した

”究極の決断とは”ー

 

こっちがガチ。鯨との闘いはきっかけに過ぎない。”究極の決断”ってのが重要なんよ。

だから日本版ポスターの方が映画を捉えてる。

 

色々文句言いたい気持ちもわかるけど見てよ。映画を。映画館で!!!

 感想はラジオでも語ってます!

moteradi.com

 

白鯨との闘い (集英社文庫)

白鯨との闘い (集英社文庫)

  • 作者: ナサニエルフィルブリック,Nathaniel Philbrick,相原真理子
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2015/12/17
  • メディア: 文庫
  • この商品を含むブログを見る
 

 

白鯨 上 (岩波文庫)

白鯨 上 (岩波文庫)

 

 

 

白鯨 中 (岩波文庫)

白鯨 中 (岩波文庫)

 

 

 

白鯨 下 (岩波文庫)

白鯨 下 (岩波文庫)

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...