読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タコの卵

どこまで我慢するのが身近な恐怖なのか

筋トレが続かない人はジムに行った方がいい5つの理由

筋トレを初めたくてもやり方や方法がわからない人ってのは少なくなってきたと思う。最近はスクワットが流行ってるし、体幹トレーニングとか色々ある。とにかく筋トレを始めるには今が人生で一番早いのだが

 

モチベーションが上がらなくて挫折する

 

人が多いのも事実。

スクワットを毎日やるってのもわかるけど…腕立て伏せをやるのもわかるけど…どうにも続かない。何かいい方法は無いのか??そんな人には

 

ジムにいけ!! 

 

スポンサーリンク

 

力強く言いたい。

もちろん、ジムに行かずに家で筋トレが続く人には全然関係ないが、結構な数の人がスクワット等の運動を三日坊主でやめることが非常に多い。

 

ジムも途中で通わなくなるんじゃないの?

 

上記の台詞もよく言われるが、ちょっとしたコツでジム通いが楽しくなる方法なんていくらでもある。むしろ、ジムに通うことで家での筋トレも捗るというもの。

ジムに行った方がいい5つの理由を書いてみた。

 

◆色んな器具がいっぱいある!

家で筋トレする場合は自重トレーニングがほとんど。道具も何も使わずに筋トレはできるのだが…道具があったほうが効率的な種目が多い。

その点、ジムは体を鍛える専門の場所なので凄い数の筋トレ専用器具がある。

 

・フリーウエイト

 

f:id:tettyagi:20150315230445j:plain

ダンベルはもっとも手軽に家トレできる道具だ。みんなも買った事がある人も多いかもしれない。しかし、ダンベルがいつの間にか部屋の片隅でゴミになっている人はいないだろうか??それでも気合入れてダンベルトレーニングをしていた人がいたとしても…その内重量が足りなくなってくるのではないか?その度にダンベルの重りを買い足すには結構骨が折れる。

ジムはその点ダンベルが1kg~30kgぐらいまで揃えられている。自分にあった重量を選択し、運動ができるのでダンベルトレーニングが捗りやすい。

 

そして何と言ってもバーベルの存在がデカイ。

 

家でバーベルを購入するとなるとかなりの人が制限されてくる。ホームジムを作るレベルだ。住宅事情にもっとも左右される道具がバーベル。

そんなバーベルを思う様扱えるのがジムだ。バーベルで高重量のスクワットやデッドリフトを思いっきりできるのがジム最大の魅力。バーベルを使えるってだけでトレーニングの効率が跳ね上がってしまう。バーベルは最強の筋トレ道具。

極端な話をすればバーベルさえあれば筋トレは完結する。

ウエイトトレーニングBIG3と呼ばれるエクササイズは全てバーベルを使う。

気になる人はこの記事を読んで欲しい。

 

絶対に痩せてかっこいい体になるダイエット7つの法則 3.ウエイトトレーニングをしろ - タコの卵

 

 

・トレーニングマシン

 

そしてジム特有のトレーニングマシーン。トレーニングマシンは体の鍛えたい所を専門的に鍛えられる。フリーウエイトトレーニングと違って、バーベルやダンベルを制御する必要が無いので集中して鍛えたい箇所を鍛えられる。

フリーウエイトには怪我がつきもので、どんなに集中しても怪我をしてしまう事がある。

そこでマシンなら怪我をしにくいので安心して使えるのが嬉しい。

 

そんな事よりも、初めて見るマシンは大変に魅力的だ。

ガッシャンガッシャンやるだけでテンションが上がると言うもの。さすがに自宅でトレーニングマシンを揃えるには無理がある。

ジムなら使い放題なので思いっきりマシンを操れる!ガンガン鍛えよう!

 

◆会費がある!

ジムは残念ながら無料ではない。月謝が存在する。ジムの月謝はそれぞれだが、決して安くない料金設定だ。

月謝を払う=金がなくなる

だれでもわかる事だが、せっかく厳しいご時世の中、自分の数あるお金をジムに払うのだから

 

ジムに行かないともったいない!!!

 

これがジムで筋トレが続く最大の理由でもある。

高い金払ってジムに通ってるのだからガンガン筋トレしないと!家でトレーニングが続けられない理由に、何も失わないってのがありがちだ。やめても損はしないのだ。しかし、ジムにいかなければ毎月月謝だけが引かれていく。これは厳しい。ならジムに行って筋トレしないと損だ。

 

◆トレーニングアイテムでモチベーションアップ!!

ジムに通うことを決めたら…やっぱりジムに来ていく服が必要になる。

所謂トレーニングウェアってやつだ。

スポーツショップに行ってカッコイイトレーニングウェアを購入するとめちゃくちゃテンション上がって早くジムに行きたくなってくる。

最近はピッチリした素材のウェアが流行っていて

 

(アンダーアーマー)UNDER ARMOUR UAヒートギアコンプレッションSS MCM8110  BLK MD

(アンダーアーマー)UNDER ARMOUR UAヒートギアコンプレッションSS MCM8110 BLK MD

 

 ピチピチマッチョをジムで見かけることが多い。

UNDER ARMOURってメーカーらしい。他にもナイキやアディダスが出しているカッコイイトレーニングウェアを自分で選ぶと流石にモチベがあがる。どうしたって着てジムに行きたくなる。

もちろん普段良く使ってるジャージでも構わない。しかし、モチベーションを上げたければ…いや。普通に欲しくなってくるのが人の常。最初はジャージでも後から、カッコイイトレーニングウェアを購入している自分がいるだろう。

 

ジムのアイテムに凝り出したら止まらない。

そこで、僕が使っているジムアイテムを紹介。

Schiek(シーク) レザーリフティングストラップ 05-00800

Schiek(シーク) レザーリフティングストラップ 05-00800

 

 これはバーベルに巻きつけて使うストラップ。

高重量のデッドリフトをすると握力が持たなくなるので、ストラップで補助する。このストラップのおかげで背中に集中してデッドリフトができる優れたアイテムだ。もちろん必要ない人はいらないが、僕はこのストラップを使ってガンガンデッドリフトをしている。しかも革なので使う度に柔らかくなるから…ニヤァってなっちゃう。

 

 

Harbinger(ハービンジャー) トレーニンググローブ #155 Sサイズ #155S

Harbinger(ハービンジャー) トレーニンググローブ #155 Sサイズ #155S

 

 

トレーニンググローブ。グローブを装着する事で、しっかりとバーベルやダンベルを握れるようになるアイテム。汗で滑ったりしないし、手のひらの豆防止にもなる。

しかし、僕には合わなかった。グローブをつけると何かしっくりこない。手のひらの豆防止の意味でも装着したが、グローブをつけるとデッドリフトもしっくりこないのだ。もちろん僕だけなので他の皆さんはわからないが。

なのでグローブは自転車に乗る時に活用している。

 

DNS スーパースクイズボトル 1L

DNS スーパースクイズボトル 1L

 

 トレーニング中はどうしても喉が乾く。ジムには冷水機があるが、そこまで行くのが面倒だったりする。そんな時、水筒みたいなボトルがあれば便利だ。上記のボトルに水を入れてトレーニングする度に飲めば移動の手間が省けてはかどってしまう。

 

 

 

◆トレーニングのインストラクターがいる!!

ジムにいってもマシンの使い方やバーベルの使い方がわからない人が大半。

 

どうやればいいのか?どうすれば効かせられるのか?パワーが欲しい!マッチョになりたい!!

 

様々な疑問を解消してくれるのが、ジムのお兄さんお姉さんだ。

ジムに入会すると、身長や体重を図られ「ジムに入会した目的」みたいなのを聞かれる。そして個人個人にあったカリキュラムを組んでくれ一緒に目標に向かって走ってくれる!!

 

ベンチプレスはどうやったららいいの?このマシンの使い方は?ってかフォームってこれであってる??

 

それもこれも家ではわからない事が多いが、ジムのお兄さんに聞くと親切に説明してくれる。一人でやると中々続かなかったりするが、ジムの人と一緒にやるだけでパワーがでてくる。もちろんジムによって当たり外れがあるので事前に色々ジムの情報を調べて置くのが大切だ。良いジムのお兄さんがいる所に入会できる事を祈る!

 

◆大浴場やサウナがたまらない!!

ジムによっては、入浴施設に力を入れている所も少なくない。

僕が通っているジムは温泉にサウナがセットで付いている。

トレーニングが終わった後のサウナと冷水のコンボは非常に痺れる。スーパー銭湯にいかないと体験できない大浴場やサウナがジムで気軽に使えるのはありがたい。

むしろサウナ目的でジムに通う人もいるしまつ。

好きじゃなくてもせっかくだから使ってみるか…それからサウナ&冷水にハマってしまう人は結構いると思う。トレーニングが終わった後の温泉は本当に気持ちがいい。

お風呂も入れるし一石二鳥だ。

 

 

以上が、ジムに行ったほうが筋トレが捗る理由だ。

このブログを読んでいるあなた。今日、明日、明後日が人生で一番筋トレを始めるには早い日なのだ。今年の夏までには…そんな事を思っているのなら今すぐジムに行って欲しい。夏に素敵なボディが間に合うか間に合わないかわからないが

 

筋トレしなければ絶対に間に合わない

 

とにかく始めることが重要だ。とりあえず自宅でスクワットを開始してくれ。それが続くのなら儲けもの。続かなければジムを検討して欲しい。

ジムでガンガン鍛えて健康的なカッコイイ体を手に入れよう!!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...